袴の凛:長井情報サイト《ながいタウンなび》長井商工会議所

ながいタウンなび|長井が大好き。
ながいタウンなび|イメージ
HOME|旬の情報|買い物|観光|宿泊|グルメ|お店|会社
HOME 旬の情報 イベント 観光 宿泊 グルメ お店 会社 タイトルバー
袴の凛
ここ半年、日中は袴付き。
停りなく閉会した大鼈甲博覧会でも、縦絽素材の袴付きでお出迎えをした。
でも余りの暑さに、博覧会二、三日目前は、袴を取る。
今日、突然に日本橋から帯問屋が来て、たつけ袴を、やはり私のように毎日来ている着物屋さんに納めたとの事。
今日、大河の直虎を観たが、やはりほぼ裾の窄まるタイプが多い。時代が戦国だからカッコよくも見えるが。
しかし、今履くなら通常の形の袴でいい。
たつけ袴は、身のこなしを機敏にする意図があろうが、私は通常の袴でできぬのは、農耕及び豪雪除去作業だけかと。
袴を履く事で、格を上げ凛とする。
袴から派生した剣道袴で充分に武道ができる訳だし。
私は着物や袴は通常の形でよいと思う。
剣道の例があったので武術の話題に出せば・・・
◯私はヌンチャクのローリングをするがなんと、たすき掛けはしない方が適当である。
△現行剣道の衣装の驚愕なのだが、侍の道に最もに近かったそれに、帯は存在しない!
◯上記からすると日本(本土)と沖縄が祖の柔道、空手道に袴は省かれるも帯だけは、大変重要視され残ったのは注目すべきことだ。
(いちまた特選呉服 代表)空手道和道流和道会有段者 齋藤直也

ながい検索
キーワードで探す
記事 プロフィール


ジャンルで探す


メンバーログイン
メンバーアイコン
メンバー登録をする(無料)
わかばマーク ながいタウンなびとは?

記事:12,599件
今日:3,283件
昨日:4,084件
合計:16,767,200件
ながいタウンなび|ケータイサイト
footer1
footer2
お問い合せ プライバシーポリシー ご利用規約 ながいタウンなびとは? footer3
長井商工会議所